神戸・六甲駅徒歩4分、女性院長による女性のための治療院

ごあいさつ

当院は、東洋医学の理念に基づき、手首の脈を診て体質や病状に合ったツボに「はり」を行う、女性のための鍼灸院です。

以前薬剤師として働いていた私は、多くの薬を常用したり、副作用に悩む患者さんを何とかできないかと考えてきました。

西洋医学の薬は即効性があり、病気の際には優れた効果を発揮します。しかし、ひとつの薬で様々な症状をとることには不向きで、症状が増える度に薬の種類は増えてしまいます。

東洋医学は病気だけをみるのではなく、その人の「からだ全体」をみることに重点を置きます。体質を見極め、バランスを整えることで自然治癒力を高めて、様々な不調が改善されます。

女性はストレスや環境の変化、ホルモンの影響などにより体調を崩しがちです。私は自分が漢方薬や鍼灸治療で不調が改善し、元気になったことで、多くの方に東洋医学の良さを知っていただきたいと思いました。

肩こり・腰痛はもちろん、自律神経失調症、更年期障害、生理痛、月経前症候群、頭痛、目の疲れ、便秘、冷え性等のお悩みにも、鍼灸は効果的です。

是非一度、ご相談ください。

院長:原田 佐代子

山口県出身。薬学部卒業後、薬剤師として地元の病院に勤務。多くの薬を常用したり副作用に悩む患者さんを何とかできないかと模索していたが、自身の不調が漢方薬で改善されたことより、東洋医学に興味を持つ。漢方薬局に勤める傍ら専門学校に通い、2014年に鍼灸師を取得。自宅開業を経て、2019年7月「さよ鍼灸院」を移転開院。漢方鍼灸臨床研究会(KACS)会員、兵庫県鍼灸師会会員、日本鍼灸師会会員、漢方臨床指導士(漢方カウンセラー)。

    

    TOPへ